【万馬券・驚異の高配当名】名古屋競馬移転最終日レースで100円が976万円となる驚異の高配当が誕生した。

愛知県競馬組合が主催する地方競馬「名古屋競馬」は11日、名古屋市港区の競馬場でのレースを終えた。

施設の老朽化に伴い、競走馬の調教施設や厩舎がある愛知県弥富市に移転し、4月から新競馬場でレースを開催する。

名古屋競馬場は1949年に開設された。59年に東海地方を襲った伊勢湾台風では、被災者らがスタンドに避難した。レジャーの多様化などを背景に90年代に入って赤字経営が続き、たびたび存廃の議論が持ち上がったが、近年はインターネットでの馬券売り上げが伸び、黒字に転換した。

 11日は第4レースで3連勝単式(3連単)で名古屋競馬場史上最高となる976万8430円の配当が飛び出した。

チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UC5htBo8UXfhOW0LoHTI823w?sub_confirmation=1

#名古屋競馬場#万馬券#最終日レース