ハンデ56.5が出走する小倉記念、ゴロゴロ馬券伝説

ハンデ56では軽すぎる、ハンデ57では重すぎる。そんな評価から間を取って付けられたであろう小倉記念のハンデ56.5には、第4回のグレースダイバー、第15回チェリーチュウ、第36回ローサード、第40回メイショウカイドウがいます。
 ハンデ56.5を付けられた4頭の成績は、9頭立て6着、10頭立て4着、14頭立て3着、11頭立て1着。出走頭数が10頭以上なら馬券対象圏内とお気楽に解釈すると、16頭立ての今回のハンデ56.5ヒンドゥタイムズは、前売り単勝オッズ30倍台の人気薄ではあるものの、穴馬候補として浮上することになります。小倉記念史上5頭目のハンデ56.5となるヒンドゥタイムズが、馬券に絡んでも絡まなくても、ヒンドゥタイムズ以上に注目したいのは…