京都新聞杯と神戸新聞杯を結ぶ馬券伝説の糸

いまから23年前、世紀末の1999年の神戸新聞杯は、9月19日に行われています。優勝馬はオースミブライトです。1ヶ月後の10月17日に京都新聞杯が行われ、ダービー馬のアドマイヤベガが優勝し、菊花賞トライアル連勝を狙ったオースミブライトは6着に終わっています。
 翌2000年から京都新聞杯は、秋開催から春開催に日程が変更され、5月の京都新聞杯は関西馬にとってダービー最終便、9月の神戸新聞杯は菊花賞のメイントライアルと、それぞれ異なる役割を担っているわけですが、ふたつのレースは馬券伝説の糸で結ばれています。